· 

AppSheetで電子名刺アプリ(第1回)連絡先をQRコードで表示しよう

電子名刺アプリで連絡先をQRコードで表示しよう

 

AppSheetの使い方を学ぶためにサンプルアプリを作ってみましょう。

 

電子名刺アプリは、QRコードを読み取るだけで相手のスマホに連絡先を登録できます。

名刺交換しても、スマホの連絡先に名前や電話番号を登録するのは面倒なものです。

QRコードを表示するだけで相手の連絡先に確実に登録できて、紙の節約にもなります。

1. 電子名刺アプリとは

 

電子名刺アプリは、自分の連絡先をQRコードで表示します。

QRコードをVCard形式にすることで、相手のスマホで読み取ると相手の連絡先に追加できるようになります。

お互いに同じアプリをインストールしておく必要がありません。

 

2. このアプリで学ぶこと

 

このアプリを作ることで以下のポイントについて学ぶことができます。

アプリで学ぶこと
  • 条件によって列の表示を切り替える(Show ? の使い方)
  • QRコードを生成して表示する

3. アプリで使用する関数

 

このアプリでは、CONCATENATEという関数を使用します。

CONCATENATEは文字列を作成する関数です。

アプリで使用する関数
  • CONCATENATE

以上が、電子名刺アプリの概要でした。

それでは、次回(第2回)からアプリを作り始めましょう。

 

 

アプリを作る前に実際に試してみたい方は、アプリスイートが作ったサンプルアプリを7日間無料体験ができます。

こちらからお問い合わせください。